急所「2目の頭」

こんばんは、コーベェです。

これが、置碁の範囲の問題かどうかは別にして、級位者のひとが間違い易いポイントのひとつに

「2目の頭」があります。

「2目の頭は見ずハネよ」の格言があるくらい、重要なポイントです。
実際は切られないかどうかの確認が必要なこともありますが、だいたいは当てはまります。

例えば、白が7子局の三々に入ってきたら、3連星側を普通は押さえます。
白はノビるんですが、次の手が問題です。

そのまま、黒が伸びるのは、かなり甘いです、置石1個分ぐらい甘い。
きっちり、2目の頭をハネておきましょう。

級位者のうちは、そのまま次はノビて、ノビて、ハネツギのカケツギの良くある形にしましょう。

後手にはなりますが、厚いです(まあ、序盤から三々に入るのは厚みの使い方や威力をわからない級位者クラスでしょう)

先手が欲しいときは、二段にハネるんですが、まあこれは有段者になってから、というか置石がなくなってからでも遅くはありません。

1点だけ注意!

星にケイマに掛かってきて、はさんだ時に三々に入るやつは、2目の頭でもハネたらダメです(これは切られます)
これとの区別はしっかり付けて下さい。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

前に打った石を活かす

こんばんは、コーベェです。

置碁でも互先でも共通する考え方に
「前に打った石を活かす」というのが有ります。

これの意味がわからないというひとが結構いるみたいです。

例えば、置碁で6子局の星に内側からケイマに白がカカってきたとする。
十中八九、コスミツケでノビさせて、一間に受ける形は知ってるけど、
問題は、次、白に手を抜かれたらどうしたらいいかわからない。


こんなのは、形だけ覚えて、意味を考えてないからです。


コスミツケの意味は、白にケイマ滑らせて根拠を作らせないという攻めの意味です。
1間に開くのも、隅の地を確保するためじゃなくて、伸びて2子になった白にプレシャーをかけて攻める気持ちです。

ここまでいえば、分かりますよね。
もし、白が手を抜いて他へいけば・・・

根拠を作らせないために、詰める1手。これが、コスミツケ、1間の前に打ったを活かした考え方です。


確かに、カカられたら相手をする手は大切なんですが、いつまでも相手をしていたらいけません。
盤面を良く見渡して、弱い石や形を崩せそうな時(急場)は積極的に攻めましょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif


置碁

こんばんは、コーベェです。

最近、置碁の記事を良く書いてますが、7子局とか正直あんまり対局がないんですよねえ。

しかし、置碁も互先も囲碁の基本は一緒です。

たとえば、石の連絡。

一番手堅いのは、「ツギ」2つの石がつながったやつ、方向が変わったら「鉄柱」ともいいます。
これの短所は、スピードが遅いことです。が、絶対に切れません(これ大事)

その次は、「コスミ」2つの石がナナメになったの。普通は切れませんが、2手連続で打たれると切れます。
囲碁では2手連続で打てることは無いから大丈夫と思った級位者の人。それは間違いです。
コウに負ければ2手連続で打てるんです。(それがコウの面白いところ)

もうちょっと、スピードが速いのが「一間トビ」。2つの石の間が1路空いてるやつ。
これも、当て込んでもなかなか切れません。でも、周り次第では切れてしまうことも・・・
「逃げは一間」ていわれる所以です。

一番危ういのが「ケイマ」、デギリとかすぐ切られるんですけど、相手にプレッシャーを与える時には有効。
「攻めはケイマ」


これらをしっかり9子局のうちに、違いと使い方をなんとなくでもいいので掴んでください。
辺のが空いてる7子局になれば、2間ビラキとか3線と4線の3間ビラキとか、ニ立三析、三立四析とかの
考え方の元になります。


これが、理解できてないと、連絡してるのにツイでみたり、自分が弱いのにケイマに打ってみたり、無駄な石使いをしてしまいます。7子局で無駄な石使いを7回やればそれで終わりです。
しっかり、覚えましょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif





簡単な置碁のうち方(7子局)

こんばんは、コーベェです。

9子局で、石の連絡とツケノビ定石を覚えたら、いよいよ7子局です。

7子局のポイントは、置き石の無くなった、上辺と下辺の使い方です。
筋のいい上手は、広い方から星にカカるか、辺に割り打つかしか打ってこないでしょう。

3連星の内側からカカるのもあることはあるのですが、すこし高等戦略がはいります。
(7子局といっても二、三段がプロ棋士相手という対局もありますし・・・)
ここでは、その類の置碁は省かしてもらいます、悪しからず。

そこで、この2手に対するおすすめの対応は・・・

星にカカられたら、ケイマあるいは一間に受けるか、星に挟むか、相手に応じる手をを考えて、広く盤面を見て打ちましょう。

問題は、辺の星に割り打ちされた時です。
打たれた下辺(か上辺)の方に気を取られてシマルと、白に両方打たれてしまいます。
上辺と下辺は見合いなので、上を打たれたら、下。下を打たれたら上というように、見合いの考え方を覚えましょう。


今日のポイント、白がケイマや2間のように近づいてきた時は、応じる手。
ワリウチのように離してきたら、残りの大場に目を向けましょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

簡単な置碁のうち方(その2)

こんにちは、コーベェです。

今日は7子局について書くつもりでしたが、昨日9子局についてごちゃごちゃ書きすぎて良く分からない事になってしまったので、もう一度9子局の大事なポイントだけ書いておきます。

9子局で、大切なことは石の連絡です。
ひとりぼっちの石を作らないようにしましょう。

隅や辺の1子、1子が大切な自分の援軍です。くれぐれも見捨てる事の無いように。
中にはわざと1子捨てて大場に先行するという打ち方もあるみたいですが、僕は好きでは有りません。

もう1つ、心構えについて
囲碁は無限の可能性が有り絶対はありません。9子も置いてるのだから、絶対勝てるはずとは思わないように、負けるときは負けます。
しかし、その負けたときが大切です、いろいろ負けた原因があるんですが、(10回は失敗しないと9子局では負けない)一番最初の失敗を上手に教えてもらってください。途中の失敗や最後の失敗は直しても無駄です。
1局で一つ直せば、3,4局も打てば1子はへるでしょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif
 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.