弱い石

こんばんは、コーベェです。

この前の日記で、コーベェ式着手フロチャートを書いてみましたが、級位者は弱い石が分からないという意見が有りましたのでちょっと補足。

囲碁は、将棋やチェスと違って、ひとつひとつの石はすべて同じです。
盤上に置くまでは強いも弱いもありません。

弱い石の説明ですが、逆に強い石の説明からしたほうが分かりやすいかなあ。
強い石というのは、傷の無い厚みや根拠の有る石、周りに味方の石が相手より多い石などです。
それの反対ですから弱い石は、傷の有る厚み、根拠の無い石、一人ぼっちの石などです。

最後に、囲碁では1手打つごとに局面は変化します。
いままで、大丈夫だったのが、隣の相手の石が手入れで強くなるとこちらの石が相対的に弱くなったりします。
弱くなったら、1手入れて補強しましょう。
後手にはなりますが、あとの戦いに憂いが無くなります。
できるだけ、弱い石はつくらないようにしましょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif
 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.