星(その2)

おはようございます、コーベェです。

星打ちのいいところは、たくさんあるんですが、僕が一番いいと思ってるところは・・・
わかりやすくて、変化が少ないところです。

そして、簡明で単純な対局にすると、自分の弱点が良く見える!

たとえば、僕の場合、死活が弱い(要らない石をいれたり、必要な石を入れなかったり)ところや
中盤の接触戦が弱い(形が悪い)、ヨセでもっといい手がある等々、囲碁の上達に必要なポイントがかなり鮮明に浮かび上がってきます。

これが、逆に小目だと複雑多岐にわたる変化を追っかけるだけで、ますますややこしくなって、いったい何処が悪いんだかさっぱり分からなくなる。

ニ、三段でちょっとスランプになると、目はずしや高目といった目新しい事に挑戦したくなりますが、そういう時こそ、基本に返って、星打ちをしてみるのもいいような気がします。きっと新しい発見があります。


若い人は、時間もたっぷりあるし、新しい事に挑戦する事も必要ですが、主婦やサラリーマン、中年になってから囲碁を始めた人たち等々、時間が十分取れない、でも囲碁は楽しみたいという方々に「星打ち」はお勧めです。



いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.