5月28日「まった」

こんにちは、コーベェです。


打ってから考えるか、考えてから打つかそれが問題だ!



「まった」と「はがし」について、以前から思ってたことを書きたいと思います。

一応用語の説明を・・・
「まった」は相手が石を置いてから、前打った自分の石を動かすこと。
「はがし」は相手が石を置く前に自分の打った石を動かすこと。

ちまたの碁会所では、ちょくちょく見かけますが、試合でやると反則負けです。
碁は何処に打ってもいいかわり、自分の打った石は、動かせません。
しかし、規則違反やからしないとか、マナー違反やからしないというのは根本的に間違いです。

何故これらの行為をしてしまうかを考えると分かりやすいんですけど、これらの行為をする人は、石を置いてから、あるいは相手が打ってから、考えるから、もっといい手に気がついてやってしまうみたいです。
(自分も昔はやってました、恥)

石を置く前に考えて、着手点を決めるようにしてたら、自然としなくなりました。
相手の手に手拍子で打てしまって、「しまった」と思うことはありますが、そこで「まった」や「はがし」で対応してたら、上達はありません。
手拍子で打ったのを反省して、次は考えてから打つように直さないといけません。

強くなりたい人は、考えてから打ちましょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.