スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月10日「囲碁の神様」

こんばんは、コーベェです。

突然ですが、みなさん囲碁の神様っていると思いますか?、僕はいると信じています。

碁会所に行ったら、白を持つこともありますし、黒を持って石を置くこともあるんですが・・・

級位者より有段者の方のほうが、マナーが悪い。

碁笥の中に手を突っ込んで、ジャラジャラ音を鳴らす、対局者はもちろんのこと、他の人にも不愉快な思いをさせてます。

それから、対局中に横から口出しをする。本人は弱い方の応援のつもりでも、決してためにはなりません。
囲碁は自分で考えて打つもんなんです。

こういうとき、注意したいのですが、一見の自分が、常連さんに注意して来なくなっちゃうと、碁会所の人が困ってしまうので、なかなか口には出せません。

で、どうするかというと、黙々と対局に集中します。すると、不思議と相手がコケてくれるんです。
そんな時に、やっぱり囲碁の神様っているんやなあと思います。

でも本当は、有段者の人は級位者の手本になってほしいので本人が気がついて直して欲しいのですが・・・


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

コメント

 
囲碁の神様 それは自分自身のなかに宿っているのだと思います
先日ある方(コーベェさんもご存じの方です)が心斎橋囲碁サロンでボード対局で講義されたのですが相手の方が挨拶なしで打ち始めたのです(注意されていました)
その方によると囲碁は武道、書道と同じで囲碁も囲碁道だと言っておられました
その方はこんなことも言っておられました
碁盤の脚は「くちなし」の実を形取っており、「助言無用」を現している
囲碁をやってる人は高尚なはずです
マナーはとても大事です
私も再度心掛けます
生け花は華道、囲碁は棋道でしょうね。
マナーは他人と気持ちよく付き合うための先人の知恵です。
お互いマナーを守って楽しい囲碁ライフを送りましょう。
対局中に口出ししてはいけないといえば、足付の盤の裏のへこみは俗に血だまりと呼ばれていて、口出しをした者の首がそこへさらされたときに血が溜まるようになっているという恐ろしい話もありますね。

本当は盤を乾燥させたり、打った石の響きをよくするためのものだそうですが。
血だまりか・・・
そんなことしたら、碁盤が使いもにならんじゃないか(笑)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。