6月11日「平等」

こんばんは、コーベェです。

僕が囲碁を好きな理由その2、すべての石はみんな同じ力を持っている事です。

碁石に優劣や上下関係はありません。(ハマグリの白石は那智黒よりが値段は高いが、まあそれは置いといて、笑)
チェスや将棋は、上下関係がはっきりしていて、すべての駒は王(将、様)のために働いています。
将棋より囲碁がえらいと言ってる訳ではないので、将棋ファン方々怒らないでね、囲碁の方が僕の性に合ってるってだけです。

1つ1つは、同じ力でも、繋がって強くなったり、切られて弱くなったり、次の着手によっては、光り輝く手になったり、腐ってしまったり、はたまた、さっきまで重要なタネ石だったのが、状況が変わってカス石になったりします。

自分の置いた石は、まったく動かせないにもかかわらず、一石づつ打って状況が刻々変化していく中で、
それぞれの石が協力し合って、最終目標(相手より半目でも多く地を取る)を目指すという所にものすごく魅力を感じるわけです。

これから強くなれるかは分かりませんが、一人でも多くの人にこの囲碁の楽しさを伝えて、一緒に対局できたらいいなあと思います。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif





コメント

 
すべての石はみんな同じ力を持っていて平等ですね
平等ですが複雑に変化していきます
さっきまで重要なタネ石だったのが、状況が変わってカス石になったときは情けない気持ちになります
でもこれが囲碁の魅力でしょうね
囲碁の普及活動大変でしょうが頑張ってください
いやいや、情けない気持ちにはならないでいいですよ、カス石になったら、なったで軽くみればいいんですから。
その代償に、別のところの石が殺せるかもしれないし・・・

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.