スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月12日「性格と戦法」

こんばんは、コーベェです。

霊感商法や新興宗教じゃないんだから、あんまり幸せとか愛とかいわないほうがいいのかも・・・。
でも、梅沢由香里先生が入門書で囲碁を打つのに必要なのは、碁盤と碁石と囲碁を愛する気持ちっていってたもんなあ。

今日は、性格と戦法についてです。

突然、競馬の話で申し訳ないですが、競馬では、逃げ、先行、差し、追い込みの戦法があります。

逃げは、スタートダッシュを決めて後はひたすら逃げる
先行、差しは、好位につけて、ゴール前で抜け出す。
追い込みは、最後尾から直線一気に駆け抜ける。

ここで重要なのは、これらの戦法は、レースごとにジョッキーや調教師が変えれるものじゃなくて
走る馬の性格というか能力で決まるということです。

逃げ馬は馬ゴミが苦手で揉まれると弱いから逃げざるを得ないから、毎回逃げるわけだし、
追い込み馬は、スタートが苦手で出足がつかないから毎回後方からの競馬になります。
レースで馬の能力を十分発揮させようと思ったら、その馬の性格や能力に合った戦法を早く見つける事です。


囲碁も自由に打てるので、戦法の選択もいろいろ出来ます。

堅実に地を稼ぐ、先行逃げ切り。
厚み重視で中盤以降で差し。
ちょっとぐらい劣勢でもヨセで逆転する、追い込み。

こうやって並べてみると、競馬の戦法とそっくり!

僕は、厚み重視で模様やゾーンプレス的な戦い方が好きで、負けても自分で納得できれば楽しく打つ事が出来ます。

つまり、みなさんも自分の性格や好みにあった戦法にするとストレスなく囲碁が打てる、ということです。
是非、いろいろ試してみて自分に合った戦法を見つけてみてください。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif






コメント

 
悪用されやすい言葉なのかもしれない。
私の持論、愛がないと続きません!

私はまだ自分の棋風ってよくわからないなー
相撲じゃないけどがっぷり四つに組むか、押し相撲か、
何か得意技があった方がいいのだろうとは思っている。
今の棋力ではいろいろ試して気に入った方法で戦うのが
いいかと思って実行中。
「必要なのは、囲碁を愛する気持ちです。」は名言だと思います。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。