ハンデとレベル

こんにちは、コーベェです。

最近の大会等で自分の棋力を過小評価して、登録する人が増えてるそうです。
一昨年の団体戦に出た時も、囲碁教室5段クラスの小学生が5級で出場していて顰蹙を買ってました。
もちろん、小学生じゃなくてその親ですけど・・・

関西棋院、日本棋院の両棋院が寄付金集めのために段位を発行しすぎて、段位がインフレ状態になってしまって、自分の棋力が正確に把握できないという理由もありそうですが、本音は違うところにあるみたいです。

みんながしてるから、自分もしないと通用しないとか
優勝の賞金が高いので低いクラスでもいいから優勝したいとか、自分の正しいレベルで戦って2勝2敗するより
ハンデをあげて(レベルを下げて)でも3勝1敗、あるいは4勝したいという事だと思います。

でも、よく考えてください。
もともと、囲碁の勉強や対局をするのは、自分のレベルを上げるために、お金を使って教室に通ったり、本を買ったり、碁会所に行ったりして鍛えてるんじゃないんですか?

僕は、レベルを下げて4勝するより、たとえ4敗しても、自分以上のクラスの人と戦ったほうが
絶対自分のレベルアップに繋がるとおもいます。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif


コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.