囲碁ソフトの欠点

こんばんは、コーベェです。

最近は、モンテカルロの木探索という新しいロジックが導入されて、囲碁ソフトが飛躍的に上達して、二段、三段クラスにまで上がってます。

級位者にとっては、いい勉強になるはずなんですが、これを使ってうまくなろうとするとひとつ欠点があります。

それは、自分の間違いが分からないということです。
生の対局なら局後に検討をすれば、自分の間違いを指摘してもらえる可能性があるんですが、囲碁ソフトにはそれがありません。
棋譜を後から見直して、ココ失敗したなあと自分で気がつくのは本当の間違いではない場合が多いです。

まあ、本とかと併用して、対局する分には上達の可能性がありますが、囲碁ソフトだけではなかなか上達しないでしょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

コメント

 
囲碁ソフトだけで強くなったという人は聞いたことがない。
だから、家で練習用くらいに思った方がいいのかも。
自分で検討してもどこまで間違いに気づいているのか怪しい
もんです。
本も見直しているけど、見当違いのところを見ている可能性大。
それでもやらないよりはマシと思うことにします。

人との対局の比率を上げる努力はしたほうが良さそうですね。
間違いがわからないというと誤解を生むかもしれませんが、10級の人が10級の棋譜を見直したところで、8級や9級へのヒントは見つけられないということです。
上手をうまく利用して効率的に上達しましょう。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.