置碁

こんばんは、コーベェです。

最近、置碁の記事を良く書いてますが、7子局とか正直あんまり対局がないんですよねえ。

しかし、置碁も互先も囲碁の基本は一緒です。

たとえば、石の連絡。

一番手堅いのは、「ツギ」2つの石がつながったやつ、方向が変わったら「鉄柱」ともいいます。
これの短所は、スピードが遅いことです。が、絶対に切れません(これ大事)

その次は、「コスミ」2つの石がナナメになったの。普通は切れませんが、2手連続で打たれると切れます。
囲碁では2手連続で打てることは無いから大丈夫と思った級位者の人。それは間違いです。
コウに負ければ2手連続で打てるんです。(それがコウの面白いところ)

もうちょっと、スピードが速いのが「一間トビ」。2つの石の間が1路空いてるやつ。
これも、当て込んでもなかなか切れません。でも、周り次第では切れてしまうことも・・・
「逃げは一間」ていわれる所以です。

一番危ういのが「ケイマ」、デギリとかすぐ切られるんですけど、相手にプレッシャーを与える時には有効。
「攻めはケイマ」


これらをしっかり9子局のうちに、違いと使い方をなんとなくでもいいので掴んでください。
辺のが空いてる7子局になれば、2間ビラキとか3線と4線の3間ビラキとか、ニ立三析、三立四析とかの
考え方の元になります。


これが、理解できてないと、連絡してるのにツイでみたり、自分が弱いのにケイマに打ってみたり、無駄な石使いをしてしまいます。7子局で無駄な石使いを7回やればそれで終わりです。
しっかり、覚えましょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif





コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.