スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前に打った石を活かす

こんばんは、コーベェです。

置碁でも互先でも共通する考え方に
「前に打った石を活かす」というのが有ります。

これの意味がわからないというひとが結構いるみたいです。

例えば、置碁で6子局の星に内側からケイマに白がカカってきたとする。
十中八九、コスミツケでノビさせて、一間に受ける形は知ってるけど、
問題は、次、白に手を抜かれたらどうしたらいいかわからない。


こんなのは、形だけ覚えて、意味を考えてないからです。


コスミツケの意味は、白にケイマ滑らせて根拠を作らせないという攻めの意味です。
1間に開くのも、隅の地を確保するためじゃなくて、伸びて2子になった白にプレシャーをかけて攻める気持ちです。

ここまでいえば、分かりますよね。
もし、白が手を抜いて他へいけば・・・

根拠を作らせないために、詰める1手。これが、コスミツケ、1間の前に打ったを活かした考え方です。


確かに、カカられたら相手をする手は大切なんですが、いつまでも相手をしていたらいけません。
盤面を良く見渡して、弱い石や形を崩せそうな時(急場)は積極的に攻めましょう。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif


コメント

 
急場より大場どころか小さいところを打ってボロ負けしました~
なかなか正確に打てないもんですね。
急場がまだわかっていないようです。
自分は出来なくても、上手は急所攻めて来るでしょう。それを覚えるんです、囲碁は記憶力も多少は必要です。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。