ループ

こんばんは、コーベェです。

昔、COBOLという汎用機のプログラム言語のプログラマーしてた時、一番気をつけていたのはループでした。

データの入力の処理開始から途中計算加工してデータ出力して処理終了まで流れてくれたらめでたしめでたしなんですが、もし、途中でループが起こると処理が永遠に終わらない!!!
こうなってしまうと、末端のターミナル(端末)ではどうしようもなくて、直接、メインコンソールからジョブのキャンセルをしないと止まらない。


今日、大阪の碁会所に行ってて、最後に打った人の話が、同じ事の繰り返しでいっこうに先に進まない。
薄々は、痴呆症の病気じゃないかなあとは思っていましたが、実際にそれをやられると、段々腹が立ってきて
キレそうになりました。
でも、本人はいたって普通に同じ事を繰り返すだけ、怒るのも馬鹿馬鹿しい時間の無駄とは思っても
会話が成立しないことには、面白くない。


ループしたプログラムは、原因を突き止めてプログラムを直さないと問題は解決しないんやけど、人間の痴呆症の場合はどうしたらいいんだ・・・


家の人も家にいられると、腹が立つから碁会所で晩まで時間つぶしに行っといで、てなところだとは思うんですが、問題は、何故僕がわざわざ大阪まで交通費を払って、碁会所の席料を払って、ボケ老人の時間潰しに付き合わないといけないんだ!ということなんです。






しかし、よく考えてみると本当にボケてたら一人で碁会所に来て、一人で帰れないような気もするし、
人生の先輩に、からかわれているだけなのか・・・


日々、嬉しいことがあったり、腹の立つ事があったりするけど、できれば嬉しい事や楽しいことをひとつでも多くしていけたらいいなあ。(たぶん、自分の考え方次第でどっちにでもなる)



いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif




コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.