より単純、簡明に

こんにちは、コーベェです。

囲碁の勉強は、布石、定石、石の形、ヨセ、攻め合い、詰碁、手筋、いろいろあって結構大変です。
これに、プロ棋士の棋譜並べも加えたら、普通のサラリーマンやOL、主婦、囲碁以外の仕事を持ってる人には全然時間が足りません。
社会人より時間がたくさんある学生、囲碁を生業としてる方々、県代表あるいは全国制覇を目指してる人は、この限りではありません。


そこで、まず考えたのが、複雑な変化のある定石を無理して覚えない!
目ハズシや、高目は打たない、そして相手が打ったときのために一番簡単な応手だけ覚える。
2,3段程度ならこれで十分対応可能です。
僕は、この方法で小目も使いません(ちょっとやりすぎな気もしますが、いまのところ問題ありません)


まあ、つまり星しか打たないわけですけど、こうすることでより対局が単純、簡明になります。
星は、石の方向さえ間違わなければ、そんなに酷いことにはなりません。
単純、簡明にすることで、考慮時間を節約して、相手にプレッシャーを与えるというオマケもあります。

みなさん、小学生の子供と打っていて、相手の着手が早くて、手拍子で打って失敗した事ありませんか?
自分が考えてる間は、相手も考えています。そこで相手より短い時間で結果を出せばそれだけ余裕を持って着手する事が出来ます。

余裕を持って着手ができると、盤面を大きく見ることが出来るし、対局マナーにも気をくばれるので良いことずくめです。


囲碁の勉強時間を少なくして、手っ取り早く強くなりたい人は、僕と一緒に星打ちをしましょう。

いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif


コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.