スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みの地平線

こんにちは、コーベェです。

僕の好きな棋士の一人、王銘琬九段の本です。

囲碁には、最後まで読める場面と読めない場面が出てきますが、読めない場面でどう打つか、という内容です。

ちょっと前の本なので、最近はやったゾーンプレス(まあこれも知ってる人には有名)の考え方、相手にプレッシャーを掛けて、優位に運ぶというのの前段階の本です。

布石の段階で最後まで読むというのは、不可能。
じゃあ、どういうふう打つか、模様を大切にするとか、左辺は渡さない、置石を腐らす、あるいは活かす
いろいろ考えられます。

自分の責任で、何処に打ってもいいのが囲碁の楽しいところです。
一局のテーマを持って打ちましょう。テーマを持っていると投了もしやすい(笑)


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。