スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童センター

こんばんは、コーベェです。

先日の火曜日15日は、地元の児童センターの囲碁教室の日でした。

12日の運動会の振り替え休日だったにもかかわらず、フルメンバーの4年生、5人 プラス 前回見学の1年生とそのおじいちゃんが遊びに来てくれました。

来てくれたのはいいのですが、まあ、言うこと聞かない聞かない、ほんま憎たらしいたらありゃしない(笑)

なんとか、なだめすかして、やさしい死活のプリントと入門の入門のプリントをしてもらいました。
1年生の女の子は、ちゃんと家でおじいちゃんと打ってるみたいで、前回のルール説明は理解しているみたいでした。

問題は、4年生の女の子達です。もう始めて半年以上経つのに、いまだに着手禁止点に平気で打つし・・・
石の生き死にを1から説明しようとすると、めんどくさい、石並べるの邪魔くさいとか言うし・・・
なんか、面白い教材ないかなあ。


でも1年生に追いつかれたら、お尻に火が点くか?



次回、11月5日までちょっと時間があるので、面白く死活が理解できる教材考えてみよう。




人気ブログランキングへ

コメント

 
>でも1年生に追いつかれたら、お尻に火が点くか?

追い抜かれてしまったら、消し炭になってしまうかも・・・

ソースは私。
だいぶん前ですが、小学生に追い抜かれて糸が切れました。
消し炭になられても困るなあ・・・

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。