8月25日「囲碁本」

こんにちは、コーベェです。

朝晩は、過ごしやすくなってきました。秋はもうすぐそこまで来てますね。ちなみに、秋は1年で一番好きです。おいしい、食べ物が増えて、天高く馬肥ゆる秋。体重は気になりますが・・・(笑)

この前、買った本を読み終わりました。羽根本因坊の「戦わずして、勝つ方法」です。この題みたときは、そんな都合のいい方法はないやろう。と思ったんですが、読んでみると、なるほどなあとおもうところもありました。

カカリに受けると、模様になって打ち込む必要がでてくるので、挟んで模様の拡大を防ぐとか、いろいろ勉強になりました。本因坊だけに、丈和の訓戒に似てるなあと思いました。

「地取り、石取り、敵地へ深入りし、石を逃ぐるみな悪し、それ地取りは隙なり。石取は無理なり、深入りは欲心なり。石を逃ぐるは臆病なり。故に地と石とを取らず深入りせば石を捨て、打つべし。地を取らざるは堅固、石を取らざるは素直、深入りせざるは、無欲なり。石を捨つるは、尖きなり。とかくわが石を備え堅むるを第一とし、第二の透間を打つべし」

resize0113.jpg

いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.