スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月2日「ザルとヘボ」

こんにちは、コーベェです。

昨日の日記の新聞は、なんとか地元農協で手に入りました。(よかった!)

囲碁の上達の最大の敵「ザルとヘボ」について、ちょこっと考察してみましょう。
まず、この2つの違いは、なんなんでしょう。それとも一緒なんでしょうか・・・。

僕の個人的な考えでは、ヘボは、頭が固くて、なかなか自分の考えを、壊せない。碁は自分の考えを壊さないと、レベルアップをはかれないゲームなので、結果、上達しない。

ザルも似たようなもんで、同じ過ちを何度でも繰り返す。これも上達はない。

碁敵に勝つために、一生懸命ハメ手の研究をしてる方が、まだましやね。あまり、お勧めはしませんが・・・。

自分は、ザルにはならない。と思っていても、負けて頭に血が昇ると、何回でも打ってしまう。気を緩めると誰でもなる可能性があります。

これを防ぐには、1つに、局後の検討をする。1局の中には、必ず1回や2回は打つ手を迷った場面があるはずです。それを、相手にどう思ってたか聞くだけでためになると思います。

2つは、1日の打つ回数を減らす。1日10局以上打ってたら、そら全部覚えてるのは無理。1局でもいいし、多くても2,3局でいいんじゃないかと思ってます。

3つ目、これが、一番利きそうな気がするんですが、対戦日記をつける。棋譜を取るのは、初心者には難しいと思いますが、対戦相手、ハンデ、勝負の目数とか、あと気がついたこともメモするだけでも、だいぶ違ってくると思います。


ザル妖怪には、出来るだけならないように、1目でも囲碁の上達が出来るよう頑張りましょう。続けていれば必ず上達すると思います。


いつも、応援ありがとうございます。
banner_22.gif

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © コーベェのときどき囲碁日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。